テレビ放送局LA7の「Made in Italy」にてBonomi Industriesが紹介されました 。

司会者

イノベーションを重視するファミリー企業を、一族が力を合わせて成長させようと決意しました。だからこそBonomiIndustriesはバルブとアクチュータの分野で世界をリードしているのです。製品は様々なアプリケーションで使われています。水用から空圧式、産業用から船舶、食品からスマートシティに至るまで。CEO兼社長を共同で務めるルチアーノ・ボノミとサンドロ・ボノミは「イタリア製」にこだわっています。サンドロはイタリアのバルブ&タップメーカーが加盟する業界団体「AVR」の理事長も務めており、従業員3万人を抱え売上高90億ユーロを誇るネットワークを代表する存在です。

サンドロ・ボノミ

父親のシルヴィオが1954年に会社を設立しました。市場を取り巻く状況は、それ以降様変わりしています。30年前に低価格を売りにした競合他社が増えたため、弊社では品質と信頼性を重視するにいたりました。一級品のイタリア製真鍮のみを採用しているので、弊社製バルブには永久保証が付いております。世界中どこでも販売できるよう、自動化や認定証の取得には欠かさず投資しており、品質に万全を期しております。今でもブレシア県マッツァーノが活動の中心拠点です。マッツァーノでは180人いる従業員のうち165名が製品の開発・製造に携わっており、弊社の売り上げ4400万ユーロのうち99%が輸出によるものです。ドイツに加え、米国のミネソタと日本に代理店があり、売り上げトップの市場となっております。

司会者

イタリアを本拠地として活動する企業が世界中で製品を販売しており、顧客の中にはボールバルブを発明したハワード・フリーマンが創業した会社もあります。Bonomi Industriesはイタリアを代表する多国籍企業であり、イタリアで生み出した技術に付加価値を付けて雇用を生み出し、世界市場を席巻しています。これらすべての基盤となっているのは、家族の絆と家族的な経営手法です。

ルチアーノ・ボノミ

我々一族は協定に署名し、7人の子供たちが家業に加わると選択した場合の学歴や職歴を定めました。一方で弊社はこれまで同様に、専門性の高い人材をマネージャーとして雇い、会社の規模を拡大し技術革新を推進しております。製造効率を上げるため新たな製造拠点を設計・開設し、製品の質を向上させています。フルサービスのパッケージを提供しております。技術開発から製品の設計・製造、すべての製造過程をコントロールする高精度機械加工から、製品の迅速なお届けにいたるまで。製造プロセスの大半は自動化されておりますが、高付加価値を生み出す作業は社員が担当しております。社員が技術面や対人関係面の両方でスキルを向上させられるよう、継続的に投資して訓練しております。従業員や提携企業すべてを含めた我々ファミリーは、これからも成長を続けますし、「一致団結して」会社の未来を築いている点が弊社の誇りとなっています。