Bonomi Industriesの生産工場イノベーション

厳しくなる市場の要求に挑み、Bonomi Industriesの生産工場イノベーション

Bonomi Industriesが日々取り組んでいる課題は、ますます厳しくなる市場の要求を満たすことができるよう常に備え、その要求に品質と正確さで応えることです。

ここ数年間で行った投資は、最高の製品品質を保証し続け、納期を短縮し、カスタマイズされたサービスを提供することを目的としてきました。 イノベーションは不可欠な役割を果たしています。イノベーションによって、生産能力が向上し、社内組織が改善されました。また、バイヤーから信頼できるパートナーとしての当社の役割をさらに強化することも実現することができました。

イタリアにある当社の生産工場の整備は、この戦略における重要事項のひとつです。2020年、ブレシアの本社は5回目の拡張工事に入り、その総面積は2万平方メートルとなりました。 12ヶ月の間に、7,000平方メートルを超える新たな区域が建設されました。さらに、機械加工、組立、検査、マーキング、梱包など、あらゆる部門の生産能力が強化されました。 上記に加えて、機械加工機や組立機の増設、ハンドリング工程の自動化、シャトルラインや自動倉庫によって、物流の自動化に注力し、品質の向上を図りました。

イタリアにある当社の自動倉庫は、特殊なアルゴリズムに従って材料を仕分け、準備する物流の拠点です。 自動倉庫では、スタッカークレーンや多関節ロボットによるパレタイズ、自動シャトルによるパレット搬送を行い、カスタマイズやコントロール作業を行います。今回導入された新たな機械はすべてGeneration 4.0であるため、リアルタイムの制御、トレーサビリティ、リモートアシスタンスを確保することができます。

CEOのサンドロ・ボノミとルチアーノ・ボノミは、「今回建設された新しい生産工場は、標準的な製品のトランジット・タイムを数週間から数分に短縮することができます。これはビジネスプロセスにおける驚くべき革命です」と、説明しています。

2023年にも生産工場の拡張の開始が予定されており、これにより、さらに4,000平方メートルの生産工場とオフィススペースが追加される予定です。この拡張工事は、 高い品質を維持しながら、バルブ、アクチュエーター、カスタマイズされたソリューションをお客様に提供することを目的としています。